治療方法・詳細

  • HOME>
  • 治療方法・詳細
ホモトキシコロジー
当院では、一般的な抗生物質やステロイド剤を使う西洋医学的な治療はもちろん、ホメオパシー・ホモトキシコロジーや鍼灸などのホリスティック医療(代替医療)と言われる様々な治療を組み合わせています。
いずれの治療法も、唯一絶対的な治療ではなく、得意、不得意があります。
組み合わせることでそれらの弱いところを補えます。
鍼やお灸だけをすれば、ガンが治るとか、椎間板ヘルニアで歩けない子が歩けるようになると言うことはありません。
状態によっては、手術もステロイドも必要です。不明な点は、直接当院にお尋ね下さい 。

ドイツを中心に世界中に広がっている代替医療で、ホメオパシーを利用した治療法になります。
ホモトキシコロジーは、ハンス-エインリッヒ・レクヴェク博士が開発した理論で、病気は、細胞内を埋め尽くす毒性物質(ホモトキシン)に対して身体がとる防衛反応であると捉えます。
その毒素は、体が健康なうちは、血液やリンパを通して排泄器官(肝臓、腎臓、腸管など)に よって体外に押し出されますが、この排泄機能が環境から生じるストレスや体の老化などに伴って衰えてくると、毒素が体の組織に滞って蓄積されてくると考えます。
その組織に停滞した毒素が、さらに慢性化すると、私たちの生命活動の中心である細胞を侵し、アレルギーなどの慢性病が発症する理論です。
この毒素をホメオパシーのレメディを使って体から排出することにより、病気の治療から自覚症状の緩和までをこなしていくのです。病気の種類と重症度(深さ)は、身体に本来備わる解毒能力と相関して、毒素を受けた期間とその程度によって決定されます。
また、ホモトキシコロジーで使う抗ホモトキシン薬剤(ホモトキシンに対する薬・レメディ)は、患者間の体質・素質的な違いに関わらず、特定の適応症に対して処方することができます。
当院で使用している抗ホモトキシン製剤は、ドイツ、イタリア、アメリカ、ベルギー、ロシア、南アフリカ等、様々な国の大学機関、研究所で多数の基礎研究及び臨床研究が行なわれ、有効性が科学的に実証されています。現代医療の化学薬剤と同様に効果的かつ副作用の少ない治療薬として、各国政府の医薬品登録を得て保険の適用を受けています。
このようにホモトキシコロジーは、EBM (Evidence-Based Medicine)という観点から見ても、現在広く科学的に認知された治療法の一つとして認められています。
ホモトキシコロジーで治療していくと、違う症状が出てくることもあります。また、悪くなった時と逆の順番で変化が出ることもあります。例えば、寒気がして鼻水が出てから熱が出た時に、適切なレメディを使うと熱が下がったらまた鼻水が出てきたり、下痢を治療したら、皮膚に湿疹が出たりすることもあります。通常、このような変化は病気が深いところから浅いところに変化しているものです。従ってそれぞれの症状・状態に合わせて治療も変えていきます。

ペットのご相談はお電話ください。 診察時間 平日 9:00~12:00  16:30~19:00 土曜日 9:00~13:00  休診日 日曜・祝祭日 0263-77-1200

ペットのご相談はお電話ください。 診察時間 平日 9:00~12:00  16:30~19:00 土曜日 9:00~13:00  休診日 日曜・祝祭日 0263-77-1200